MAGAZINE

キャリテク!マガジン

コラム

5年後にIT人材が79万人不足するようになった背景と、その分野について

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。
経済産業省の報告書によると、日本のIT人材は、2030年に約79万人不足するそうです。 コロナ禍真っただ中に公開されたこの調査データはコロナによる不況も加味した調査書になっています。多くの方が感じている通り、コロナ禍によって大きな打撃を受けた業界もあれば、業績を伸ばした業界もあります。IT業界においては他の業界よりも業績を伸ばした会社が多いという印象です。

その背景にあるのが、DX(デジタル化を活用した業務改革)の推進(デジタル化を活用した新システムの開発が必要)、仕事の多様化への対応・リモートワーク(ネットワークインフラ・TV会議、チャットなどのコミュニケーションツールが必要)、AIによる業務効率の向上(コロナ禍のタイミングで業務プロセスを見直した会社が多く、業務の自動化がテーマになっています)、ゲームや動画などの大量のデータ転送の普及(ゲーム開発、高効率なネットワーク伝送が必要)などの分野がコロナ禍によって一気に需要が高まったというのがあります。

これらの分野はIT業界といえば?と問われた時に一般の方が頭に浮かべる「DX」「AI」「リモートワーク」「ゲーム」などの分野です。

これらの分野では高速で安定したネットワークの構築技術、DX、AIなどの開発技術が必要(Pythonが標準的に使われている分野)であり、これらの分野はまさにこのコラムを掲載いただいているKCCSキャリアテックが力を入れている分野になります。これらの分野で活躍できるようになるまでの道のりは遠いです。それは奥が深い分野であり、将来にわたって食べていける分野でもあるからです。それゆえに、これからIT業界にエンジニアとして目指そうという方には目指して損はない分野だと思います。

奥が深い分野であるからこそ、私はあえて、基礎からしっかり学べる企業への転職をお勧めします。よくあるパターンとしては、入社後は「OJTがメインで、優しい先輩が教えてくれます」と書いているような求人がありますが、そもそも優秀な先輩は忙しく、そんなに手取り足取り教えてくれません。暇な優秀ではない先輩に教わるのは少し怖いですよね。

お勧めは、入社後に研修の期間を設けている会社です。宣伝チックになってしまいますが、このコラムを掲載いただいているKCCSキャリアテックではキャリテク!という未経験者向けの研修カリキュラムを実施しています。未経験者を対象とした採用枠があり、入社後もしっかりした研修カリキュラムで成長の軌道に乗りやすい仕組みがあります。興味がある方は以下のセミナーに参加してみてください。おそらく、ここだったら信頼できる!自分も成長できる!と思うはずです。それでは今日はこの辺で

キャリテク!紹介セミナー
https://www.kcct.co.jp/careetec/seminar/tokyo/

過去の連載記事

  1. Python未経験者求人で気をつけるべきこと。就職すると無料で研修を受けられる『キャリテク!』がお勧め
  2. プログラマー未経験者募集に応募して正社員採用の可能性を上げるには
  3. エンジニア配属になれなかった第二新卒の皆さんへ
facebook シェアシェア
LINE シェアシェア