MAGAZINE

キャリテク!マガジン

  • TOP
  • キャリテク!マガジン
  • 担当者は見た👀キャリテク!プログラムには知識や技術以外にも重要な事がたくさん含まれていた!-後編-
ブログ

担当者は見た👀キャリテク!プログラムには知識や技術以外にも重要な事がたくさん含まれていた!-後編-

こんにちは!KCCSキャリアテック採用担当です!

今日は、前回に続きキャリテク!プログラムの様子をお伝えしていきたいと思います!

前半はOfficeソフトの研修でしたが、後半は本格的に実機を使った研修!

メンバーの成長の様子と合わせて是非ご覧になってみてくださいね!


前回お邪魔させていただいてから2週間程経過したころ、私たちは再び研修しているメンバーの元へお邪魔させていただきました。

すると、メンバーのPCの下には2週間前にはなかった機械がちらほら。

これは「ルータ」、「スイッチ」と呼ばれる機械を用いて操作勉強をしているところでした!

この学習は、シスコ技術者認定資格CCNAの取得をするための対策を兼ねており、テキストやシミュレーションではなく、実機に触れながら実践的に学んでいく方式となっています。

まずはテキストの解説を受けながら、実機上での操作方法を学び概要を理解します。

その後、時間を区切って実際の機械で同様の設定を組んでいきます。

2週間前にメンバーたちの様子をみていた時はOfficeソフトを前に一生懸命考えていたのに、一人一人が実機を使って着々と進めているではありませんか・・・!!

この短い期間で想像よりもはるかに成長していたメンバーの姿に驚かされました!

実機での課題を一定時間取り組んでもらい、現在の進捗状況を各自で報告していきます。

実はこの途中経過の報告もとても大切な事なのです。

問題の解説を聞き、実機を使って実際の動作を試す前にその業務に取り組む時間に目安をつけていました。

なぜそうしていたかというと、時間内に終わらせられることはもちろんですが、終わらないかもしれないと予想できたタイミングで、現状の報告ができるか?というところまでを講師は見ているのです。

目の前の業務に対して一生懸命頑張ることも大切ですが、実際の現場で仕事をする際には、対応している業務がどの程度時間を要し、現在どういう状況なのかなど、自分のタスク状況をチームへの相談・報告することも大切な業務の一つ。

研修の中で実際に相談や報告を行なっていくことで報連相のクセづけをしていただいています。


キャリテク!プログラムもいよいよ後半に入ってきました!

研修の集大成として、資格の取得と実機を使いながら、実務を想定した総合演習があります。

プログラムが終わる頃のメンバーたちがどのように成長しているのか私たちもとても楽しみです!

この記事をご覧いただき、「キャリテク!に興味がある」「プログラムをもっと知りたい!」という方は、ぜひ一度話を聞きにきてみてください!皆さんのご応募お待ちしております!

それでは次の記事でお会いしましょう〜👋

facebook シェアシェア
LINE シェアシェア