「未経験者の転職で失敗するパターンは勉強が終わってから転職活動するパターン」
2019年11月29日

こんにちは。佐々木昌子です。気温の寒暖差が激しいですね。くれぐれもご自愛下さい。

先日、ある展示会に参加してきました。
その展示会の出口を振り返ると、オブジェには「YOU」の文字が浮かびがる仕組みになっています。その意味は、「次に実現するのはYOU」ということだそうです。
次にIT業界に転職するのは「YOU」となるといいですね。

さて、私は採用マーケティングも複数の会社で支援しているので、いろいろなパターンを見ています。
成功する転職、そうでない転職様々です。
その中で多くの人が発言もしているのに、未経験で転職する多くの人がはまってしまう、失敗例を紹介します。
時間の無駄使いなので、本当に以下のようなことをやめた方がいいです。

それは何かというと、、、

「勉強がひと段落してからIT業界への転職活動をはじめよう」

これです!資格に受かってから転職活動しようとか、この本を完全に理解したら転職活動をしようという方がたまにいます。それはそれで、立派です。
本人も勉強もしないで面接してもボロが出るなどと考えて、準備して臨む方がいます。
新聞に出てくるようなIT用語を知らないのであれば、その程度は勉強した方が良いと思いますが、その分野に素人な方が独学で学んでもたかが知れています。
それよりは早く就職してプロフェッショナルな学習をした方が成長が速いです。

就職してからの学習は、先生が良いし、機材もあるし、仕事で使う学びなので、気合も変わってきます。
未経験でITスクールを卒業していなくても転職できる人は転職できます。それであれば、早めに転職した方がいいです。
未経験者のIT業界の転職の秘訣を一言でいえば、

「勉強しながら転職活動もしよう」

です。両方同時にやりましょう。結果的にそういう人が転職に成功しているように思えます。
そもそも資格を取ってから転職活動を始めようという人は、同時に複数のことができない不器用な人に見えます。
転職活動と学びを両方やって、マルチタスクに慣れるのも重要ですよ。IT業界は社内のIT化も進んでいるので、マルチタスクでこなすことはよくあるのです。じゃんじゃん行動して自分を鍛えて、良い転職を実現してみてください。

さて、このコラムを掲載いただいている京セラグループのKCCSキャリアテックが運営している「キャリテク!」は未経験者が無料で研修を受けられ、パソコンももらえます。

まさに、転職してからプロフェッショナルな学びを得られるのです。
興味がある方は以下をご覧ください。セミナーも開催されていますので、是非そちらも参加してみてくださいね。

「キャリテク!」については以下をご覧ください。
https://www.kcct.co.jp/careetec/

執筆者:佐々木昌子
吉政創成でマーケティングアウトソーサーとして従事しています。現在、月刊連載4本になりました。もともとは人材派遣業で営業として働いていた経験を活かしてキャリア関係のコラムを執筆いたします。
掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る